Back to Blog

スパイスも韓方と同じ?

6/3のおうち韓方教室でも、お召し上がりいただくインドカレーにも、「おうち韓方オリジナルカレーレシピ」でも使っているスパイスについて。

世界中には数え切れないほどのスパイスがあり、分類方法によっても異なるため、明確な数は不明と言われています。

 

ただ一般に手に入り、家庭で使いこなすことができる数は50種類程度と言われています。

 

スパイスは

香りをつける

色味をつける

辛味をつける

甘み・苦味をつける

働きのほかにも、薬的な薬効もある食材です。

 

インドでは、日本にあるカレー粉のようなミックススパイスではなく、単品のスパイスを料理の材料や体調を考えながら、10数種類のスパイスを毎日混ぜながらカレーを作ります。

 

よく耳にされたことがあるものとして

 

クミン:消化促進、下痢や腹痛、胃痛に効果的。解毒作用も

ターメリック(ウコン):肝臓解毒、抗酸化作用、血液浄化作用

 

スーパーでよく見かけるカレー粉にも、この2つのスパイスは大抵入っています。

 

6月13日の「おうち韓方教室」では、こんなスパイスのお話も少しさせていただきます。

 

もちろんスパイスだけでなく、韓方のお話も

 

韓方の「薬食同源」を簡単に毎日の生活に取り入れて、今年の夏は夏バテ知らず!

 

カレールーは辞めて、「おうち韓方オリジナルカレー」でカラダの中からキレイに健康になりませんか?

 

6/3おうち韓方教室詳細はこちら

 

 

Share this post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Blog