Back to Blog

高麗人参マニアの王様

今日は、病み上がりの息子のために、参鶏湯を作りました。

でも肝心の息子は、夕方5時に寝てしまい、病み上がりの爆睡に突入してしまいました。

参鶏湯は夫婦で汗だくになりながら食べました

 

なつめチップスのおかげで夫婦揃って発汗良すぎ!汗かきです!

 

さて、参鶏湯といえば、必ず入っているのが、高麗人参!

高麗人参マニアの王様、ご存知ですか?

 

それは、朝鮮第21代国王「英祖ヨンジョ」です。

 

英祖は享年83歳で、朝鮮時代の王様の中で、一番長生きした王様と言われています。

 

当時の83歳というと驚異の長生きです!

 

他の王様は平均寿命60歳も至らなかったのです。

 

その原因は、やはりストレスからくる病が多かったと言われています。

 

王様といえば、一番上の地位で、何不自由なく、良いものを食べて、

健康的な生活をしていたのでは?

 

と思われる方も多いでしょう。

 

でも実権を牛耳って、王様を操っているのは、高い位の官職の重鎮達。

 

王様の思うようには行かず、毎日思い悩み、ストレスを抱えていたのです。

 

一番長生きした英祖は健康管理として、陽気を補う「補養」を重要視していました。

 

そして、年中、朝鮮人参を口にしていたのです。

 

その様子は「朝鮮王朝実録」にも記載があります。

 

朝鮮人参の入った韓方薬に『理中湯』というものがあるのですが、

 

英祖は65歳の時、具合が悪い状態が続いたため、この理中湯をよく飲んでいたようです。

 

その効果は抜群で、感心した王様は、病気が良くなったのは理中湯の功績であるとし、

 

『理中建功湯』という名前にし、官職を与えたそうです。

 

当時は、王様が人だけでなく、モノに対しても、功績をたたえて官職を与えることがよくあったそうです。

 

面白い逸話ですね!

 

それほどまでに、今も昔も、高麗人参(朝鮮人参)の力に人間は頼っていたのですね。

 

 

私は、今日、高麗人参のストックがなくなり、不安になっています

Share this post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Blog